確かな手続きであなたに安心をお届け…埼玉県八潮市の行政書士事務所松尾

契約書作成業務のご案内

契約書の作成業務について

各種契約書・利用規約・議事録等を作成いたします。
お客様が作成された文書のチェックや修正等も行います。
マニュアルやノウハウの文書化、登記事項証明書の英訳、公正証書・私文書認証手続きにも対応可能です。

ご依頼から業務完了までの流れ

お問い合わせ・ご相談(お客様)
まずはご都合のよい方法でご連絡ください。その時点で決定している内容やご希望を教えていただければと思います。
回答・ご説明
お客様のご希望を元に、ご用意いただきたい書類や作成期間・費用についてご案内いたします。
お申し込み(お客様)
弊所からのご案内にご了承いただけましたらお申込みください。お申込みの際にご入金をお願いすることもございます(遠方等で面会しないままのお申込みの場合)。
業務の着手・進行
正式なお申込みの後、契約書の原案を作成いたします。
契約書の修正
作成した原案をお客様にご確認いただき、ご希望により何度でも修正を行います。
契約書の完成
修正が完了しましたら、お客様のご希望する形(書面又はワード・PDF形式のファイル)にて完成した契約書をお渡しします。※弊所からの原案等の送付後、お客様からのご連絡がなく60日以上経過した場合、契約書は完成したとみなします。
業務完了後
契約書の完成後も完成から3カ月以内であれば、無料にて修正のご希望に応じます。完成後もご質問等ございましたらいつでもご連絡ください。
お気軽にお問合せください!
070-5085-8843 / 048-995-5813
お電話受付時間 AM8:30~17:30(日/祝日/土PM除く)
お問い合わせフォームはこちら

契約書の内容について

 契約書とは、相手との約束事を文書にしたものです。「協議書」「覚書」「念書」「誓約書」等々、題名は異なるものも全て契約書の一種で、その効力に違いはないと言われています。

 一般的な契約書は、(1)題名、(2)契約の当事者、(3)契約の趣旨・目的・対象物、(4)契約の内容、(5)作成年月日、(6)契約当事者の署名押印、(7)その他印紙の貼り付け等、を基本に構成されています。

 契約書を作成するときは、(4)の契約の内容(いつ、だれが、なにを、どのように、行うか)を相手と話しあい、その約束事を整理して作成するのが理想的です。アパートやマンションの部屋の賃貸契約に備えて契約書を準備したり、相手と話し合う前のたたき台として作成する場合も、どのような契約にしたいのか具体的に考えていくと、よりよい契約書になるかと思います。

 ときどき、契約の一方にだけ都合のよい内容(相手が契約に違反したら違約金□千万円をもらうが、自分はどんな場合にも絶対に責任を負わない等)を記載したいとのご希望をいただくことがあります。そのような内容も法律的に問題がない限り記載することは可能です。

 しかし、そのような契約書は相手に不信感を与えますし、内容が原因で契約に至らない場合もあります。例え相手が契約書の内容をほとんど読まずに契約書に押印したとしても、後でもめる原因にもなり得ます。また、一方にだけ有利な内容は取り消しや無効となる可能性もあります。そのようなところから、あまりにも公平性を欠く内容は契約に適切ではありません。

 契約書は約束事を確認し実行することで、相手との関係を守るもの、相手とよりよい関係を築くためのものにもなります。

契約書作成事例

過去に作成させていただいた契約書の事例です。
■著作権譲渡契約書
■著作物譲渡媒介契約書
■ノウハウライセンス契約書
■商標使用許諾契約書
■著作者確認書
■著作物利用規約
■設備使用に関する契約書及び覚書
■OEM契約書
■建物賃貸借契約書
■定期建物賃貸借契約書
■離婚協議書
■金銭消費貸借契約書
■示談書
■契約解除通知

お問い合わせはお気軽に! TEL 070-5085-8843 受付時間 8:30 - 17:30 [ 土日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 行政書士事務所松尾 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.