建設業許可通知書

建設業許可の申請書類が受理され、審査の過程で記載事項の不備や問題点が見つからないときは、「建設業許可通知書」が送付されます。申請書の提出から許可通知書が届くまでおよそ30日(土日・祝日、年末年始等お役所の休日を除きます。)程です。

「建設業許可通知書」は許可が下りたことを通知するものですが、許可番号や許可業種・有効期間が記載されており、実質は許可があったことを証明する書類となります。紛失しないよう、許可申請書の副本と共に大切に保管してください。

入札参加資格申請等他の手続きの際、建設業許可のあることを証明する書類を求められた場合は「建設業許可通知書」の写しを提出します。

もし「建設業許可通知書」を紛失してしまった場合、許可通知書は再発行されませんが、「建設業許可証明書」を発行してもらうことが可能です。

建設業許可業者の情報の公開

建設業許可申請が「許可」となった場合、一般の方が、許可を取得した建設業者の情報や申請書類の一部(個人情報を除く)を閲覧できるようになります。

これは、取引をしようとする建設業者の規模や工事実績を知ることができることによって、発注者を保護するための制度です。

ただし、発注者のみではなく誰でも閲覧することができるため、建設業許可を取得するとすぐにいろいろなご案内や営業の連絡が来るようになります。高額な入会金を要求する等悪質な勧誘もあるようですので、注意してください。

関連記事