建設業許可の営業所とは…

建設業許可の営業所とは本店、支店、又は建設工事の請負契約等を行う事務所をいいます。建設業許可を申請をする際、「営業所」でつまずく場合が少なからずあります。しっかりと要件を確認していきましょう。

建設業許可の営業所の要件

①本店、支店、又は常時建設工事の請負契約を締結する事務所であること

本店、支店は、常時建設工事の請負契約を締結する事務所でない場合であっても、他の営業所に対し請負契約に関する指導監督を行なう等、建設業に係る営業に実質的に関与している場合は、建設業の「営業所」に該当します。

また、常時建設工事の請負契約を締結する事務所は、建設業の「営業所」に該当し、登記の有無は関係ありません。

一方、建設業に全く無関係な登記上だけの本店や営業所等は、建設業許可を受ける上での「営業所」とはいえません。また、建設業に関係のある事務所であっても臨時におかれる連絡事務所、作業所等は建設業の「営業所」に該当しません。

② 電話、机、各種事務台帳等を備え、住居部分と明確に区分されていること

事務所として機能する設備が整っていることに加え、申請先(都道府県等)によっては、固定電話であることが必須であったり、社名等の名称が表示された看板や郵便受けの写真が必要であったり細かな違いがあります。

自宅兼事務所を営業所として申請する場合は、住居部分と明確に区分されていなければなりません。間取りの確認できる平面図を求められることがあります。

③ 営業用事務所として使用する権利を有していること

営業所とする建物は、申請者の自己所有か、営業所としての使用が可能な賃貸借契約等を結んでいることが必要です。

建物を親族が所有している場合等契約書がない場合は所有者からの使用承諾書を添付書類として提出します。

賃貸契約書の建物の用途が住居用とされている場合は、大家さんからの使用承諾書が得られないと営業所とすることが困難になります。注意してください。

※営業所には経営業務の管理責任者等及び専任技術者が常勤していることが必要です。

関連記事