建設業許可の業種追加

既に建設業許可を取得済の事業者様が、別の業種についても許可を受けようとする場合は、業種追加の申請を行います。業種追加となるのは次の2パターンです。

①一般建設業許可を受けている者が、他の一般建設業許可を申請する場合
②特定建設業許可を受けている者が、他の特定建設業許可を申請する場合

※特定建設業許可のみ受けている者が、他の一般建設業許可を申請する場合等は業種追加ではなく新規申請となります。

業種追加申請手続きの概要

■建設業許可の業種追加申請の手続きは基本的には新規申請と同じです。
■必要書類の一部を省略することができます。
■知事許可・大臣許可とも窓口へ支払う手数料は5万円です。

業種追加申請のポイント

建設業許可の業種追加申請をする場合も、新規申請のときと同様、経営業務管理責任者や専任技術者の要件を満たす人が必要です。その中でもポイントは専任技術者です。

業種追加申請には、許可を受けようとする建設業について必要な資格を有する人が専任技術者となる方が有利と言えます。所有する資格によっては複数の業種の専任技術者となることも可能です。

10年の実務経験のある方も専任技術者になれますが、実務経験期間は複数の業種で重複させることはできませんので、同一人物が2つの業種の専任技術者になろうとする場合は、10年×2業種(計20年)の実務経験が原則必要となります。また、実務経験があることを証明する資料も必要です。

※経営業務の管理責任者については、6年以上の建設業の経営経験で、全ての業種に関し経営業務の管理責任者になることが可能です。

関連記事