建設業許可はどのようなときに取得しなければならないのでしょうか?

それは次のような一定規模以上の建設工事を請け負うときです。

☑一件の請負代金が500万円以上(消費税含)の工事(建築一式工事を除く)
☑一件の請負代金が1,500万円以上(消費税含)の建築一式工事または 延面積が150㎡以上の木造住宅の建築一式工事(主要構造部が木造で、延面積の1/2以上を
居住の用に供すること)

従って上記の工事以外の”軽微な建設工事”を請け負う場合、建設業許可は必要ありません。しかしながら、注文先から建設業許可を受けるよう勧められたり、金融機関からの融資を受けるための条件が「許可の取得」ということも少なくないようです。

建設業許可の取得は、社会的信用につながり、より規模の大きな工事を請け負うことも可能となりますので、事業様にとって大きなメリットとなります。

建設業許可が不要な500万円未満の工事でも、一部の業種(解体工事業、電気工事業等)は登録が必要です。

関連記事